吹き抜けにするかどうかは住宅の大きな判断

吹き抜け天井をつけるかどうかで、一戸建てマイホームは大きく変わってくると思います。吹き抜けがあるかどうかで、階段の位置から一階フロアの設計に至るまで大きく変わってくるからです。「キッチンをどこに置く」といったことよりも、「吹き抜け天井にするかどうか」という判断の方が、マイホームを建てる上での大きな選択だと感じています。

だって、吹き抜け天井を設けますと、家全体を温める冷暖房の設計になりますから。ですから空気の流れからして、吹き抜け天井のない細々とした造りの家とは異なるというものなんですよね。そしてまた、冷暖房の位置も変わりますし、オール電化住宅にするかどうかといった選択も行わなくてはいけません。

ですからもしも、「吹き抜け天井のある家」を希望しているのでしたら、吹き抜け天井のある一戸建て住宅を一度見てみるといいでしょう。また、実際に吹き抜け天井のある家に住んでいる人に話を聞くといいでしょう。

そうすることで「自分たちに吹き抜け天井のある家」は向いているかどうかが見えてくると思いますので。パンフレットだけで決めるのはなかなかの冒険ですから。